介護職を続けていくために

介護職は高い専門性のほかに強い気持ちも必要となるお仕事。
それだけにやりがいもある仕事であるため、しっかりとその現状を知っておく必要があります。

 

 

介護職の仕事は、一般職に比べて給与が安いため、稼ぐためにはたらくという感じがしません。

 

そして、ついだらだらと就労するケースも少なくないのです。

 

ですが、仕事は仕事、そこを名前けていると、いくら心が達者でも就労の意味が薄れてきます。たとえば、仕事の手が遅いことのなど、他のワーカーたちに迷惑をかけてしまっては、職場関係もうまくいかないのです。

 

最低限度のスピードアップは必要ですし、その実務をこなした上での、ハートの使い方が優先されます。

 

がつがつ言われなくても、同僚に迷惑をかけては、仕事の意味あいとして、別の問題が起こるものです。それは、基本的な仕事のスキルはあって当たり前という事なのです。失敗は常識の仕事をこなせなくなることです。


 

 

介護職に転職するケースでは、いわゆる一般職からすれば、給与の面では下がってしまうという結果になります。それは、それを押してまでも、高齢者の為に尽くしたいという思いからであるべきです。

 

実際の職場では、人間関係がメインの仕事になりますので、実務上のスキルは二番目です。そこは、一般職とは違うと言えます。

 

そして、その一番のスキルというのは、高齢の方の心に寄り添えることが可能かどうかと言うポイントだけになります。高齢の方はある意味人生のたがが外れた状態で生きていらっしゃるので、性格が子供のようであったりします。

 

その上で、寄り添うという事を、介護する方としてもストレスとフラストレーションを溜めないようにする、不動のスキルが必要になります。